HOME > アンティークヴィンテージジュエリー > ヨーロピアンアンティーク > パール & サファイア
ピアス
1920年代

パール & サファイア
ピアス
1920年代

なんとも言えない不思議な色に輝くパール(アコヤ真珠) と サファイヤ の ピアス。

1920年代のものです。






古代人は、真珠のことを 月の落とした涙が貝の体内に宿り生まれた とか 人魚の涙 などと

想像したそうです。 それも納得できるような神秘的な輝きを持っています。

また、真珠はその生成工程から「苦しみのなかで生み出される」とも言われ、苦痛や苦しみ

を和らげたり、強い守護力があると言われています。

パール ピアス

パール ピアス


























ブルーグレイに光るパールと、澄み切ったブルーのサファイヤの組み合わせがとても美しいピアス。

耳元で輝き、女性性が増すこと間違いありません。

パール ピアス



























フック型のピアス部は、14K ホワイトゴールド。

パールとピアス部は固定されています。

パール ピアス













100年近く前の古いアイテムということをご理解いただいた上でのご注文をお願い致します。

尚、当店では修理はできかねますので、よろしくお願い致します。



【母貝】   アコヤ養殖真珠
       着色処理あり

【形状】   セミバロック シェイプ

【色調】   グレイ

【光沢】   真珠光沢

【蛍光性】  認む

【表面】   真珠特有の表面構造認む

【青色石】  ブルーサファイヤ

【サイズ】  パール直径   0.7cm  
        サファイヤ直径 0.3cm

        ホワイトゴールド14K

        1920年代  
                  
              

       


      
ページ先頭へ