HOME > アンティークヴィンテージジュエリー > ヨーロピアンアンティーク > シトリン ドロップ ネックレス 1910年代

シトリン ドロップ ネックレス 1910年代


シャンパン色に輝くシトリンがとっても美しい、ドロップデザインのネックレス。

1910年代のものです。







明るくて透明感のあるシトリンは、生命力を高め、繁栄と富貴を呼ぶ石と昔から言われています。

よこ長楕円形の中央のシトリンは、1.7x1.3cmもの大きさ。 厚みもあります。

シトリンの裏にも施されたカットにより、表面から見るととても立体的に見え、魅惑的に輝きます。

シトリンは、和名「黄水晶」と言い、鉱物的には クォーツ(水晶)に分類されます。

シトリン ドロップネックレス

シトリン ドロップネックレス


























1910年代のアンティークの域に入るジュエリーです。

シャンパン色シトリン と ゴールド色チェーンが柔和し合い、肌になじみます。

チェーンの素材はシルバー(87.5)ですが、表面にゴールドメッキが施されています。

シトリン ドロップネックレス

シトリン ドロップネックレス












100年近く前の古いアイテムということをご理解いただいた上でのご注文をお願い致します。

尚、当店では修理はできかねますので、よろしくお願い致します。



【鉱物名】  天然クォーツ
【宝石名】  シトリン

【サイズ】  チェーン長さ  42cm  ゴールドプレートシルバー

       シトリン  中央  1.7x1.3cm
             ドロップ 1.3x0.9cm
                  1.0x0.8cm  
                  
              

       


      
ページ先頭へ